超軟水にはデメリットが!温泉水99はミネラル補給に向かない!?

超軟水にはデメリットが!温泉水99はミネラル補給に向かない!?

皆さんは『超軟水』と聞くと、どんなイメージを持たれますか?

 

「まろやか」
「飲みやすい」
「甘く感じる」
「胃腸にやさしい」
「赤ちゃんやペットも飲める」

 

などなど、様々なメリットを思い浮かべるかもしれませんが、温泉水99のように極端に高度が低い『超軟水』には、毎日飲むのにあまりおすすめできないデメリットも存在します。

 

そもそも軟水・硬水ってなんだ?硬度の説明

温泉水99は、硬度1.7mg/Lの超軟水です。

 

硬度とは、1リットルのお水の中に含まれるマグネシウムとカルシウムの含有量のことで、一般的に硬度0~99mg/Lの水を「軟水」、硬度100mg/L以上の水を「硬水」と呼びます。

 

日本での一般的な硬度の分類
分類 硬度(mg/L)
軟水 100mg/L 未満(99mg/L以下)
硬水 100mg/L 以上

【参考】硬度ってなに?軟水と硬水のメリット・デメリット | おいしいお水ナビ

 

日本産のミネラルウォーターや水道水の硬度の平均は約51mg/L(だいたい20~80mg/Lの範囲)なので、温泉水99は軟水の中でも飛びぬけて硬度が低いことがわかります。

 

つまり、温泉水99はマグネシウムとカルシウムの含有量が非常に少ないミネラルウォーターということになるのです。

 

『超軟水』はミネラル不足なお水!?マグネシウムとカルシウムとは

マグネシウムとカルシウムは、人間が生きていく上で必要不可欠なミネラル成分です。

 

マグネシウムは骨や歯を作るのを手助けする大切な役割を担っていて、その他にも精神状態を安定させたり、血圧を一定に保ったり、エネルギーを作り出すサポートをしたりと、様々な働きを持っています。

 

また、カルシウムはマグネシウムと一緒に骨や歯を作ったり、イライラやストレスを抑えてくれたり、出血を止めたり、筋肉の収縮を助けたりと、人が生きていく上で大切な役割を果たしています。

 

1日に必要なマグネシウムの摂取量は270~370mg、カルシウムは650~800mgとされていて、これらは体内で作り出すことができないため、飲食で補給していく必要があるのです。

 

しかし、硬度が極めて低い温泉水99は、1リットル飲んだとしてもマグネシウムは0.1mg、カルシウムは0.5mgしか摂取することができないため、ミネラル補給に適したお水とは言えないのです。

 

『超軟水』の問題はミネラル不足だけじゃない!体の栄養素が奪われる・・・!?

ケタ違いの超軟水の問題点は、ミネラルが不足していることだけではありません。

 

なんと、硬度が0に極めて近いお水を飲むと、体内にある栄養素が吸い取られてしまい、尿として排泄されてしまうという大きなデメリットもあるのです!

 

この詳細は、下記のリンク先のページに掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

 

 

 

関連リンク